キャッシングの返済について

キャッシングサービスを利用する時は返す方法によっても、最終的に支払う金額の総額に差が生じますし、それぞれメリット、デメリットがあるので一番損しない方法を選びましょう。
例えばキャッシングで借りたお金を支払う方法でももっともメジャーなリボルビング方法も、支払い額の算出方法によって複数種類に分かれます。
元利定額リボルビング方式は、キャッシングの元金返済分と支払利息分を足した金額を毎月一定額ずつ返済する方法で、支払いスタートから終了するまで一定の支払額が続く為、月々の計画も立てやすい点がメリットです。
ただし、支払いをスタートした当初は利息返済分の比率が高くなる為、元金が中々減りにくく、完済までに必要な日付の目的をしっかり持っていないと無駄に返済期間が長引いてしまう可能性がある点がデメリットです。
また、あらかじめ決まった元金返済分と支払利息分を支払う元金定額リボルビング返済方式は、支払いを開始してすぐの時期は毎月の支払い額が高く大変な思いをしますが、元金返済分が支払い開始直後からずっと固定される為、キャッシングの元金を確実に減らす為にはぴったりな支払い方法です。
順調に返すことができれば、元利定額方式よりもトータル支払金額が少なくなりますし、すべて返し終えるまでの期間も早い筈です。
この他、元金定率リボルビング方式、残高スライド方式、元金均等方式、元利均等方式など、支払い方法によって特徴は違います。