キャッシングの金利について

キャッシングの金利とは、返済時に手数料として支払うお金に関する割合です。

金利はパーセンテージで表示される事が多いのはこのためです。
利息と混同しがちですが、厳密には意味合いが多少異なります。

利息はキャッシング利用者が実際に手数料として支払う金額・お金という意味です。
金利と比べ、より物・物理的なイメージとして覚えておくとわかりやすいです。

キャッシングにおける金利の上限は、利息制限法で制限されています。
元本10万未満では20%、10万以上100万未満では18%、100万以上では15%となっています。

利息制限法を超えるパーセンテージで貸し付けを行うと違法行為となります。

現在、キャッシングを利用中の人は、元本に対して金利が正しいかどうかを確認してみましょう。
現在、銀行や大手消費者金融は、利息制限法に基いて融資が行われているため、間違いはほぼないはずです。

しかし、数年前までは、利息制限法と出資法の2つのルールで金利の上限が管理されていました。
これは所謂、グレーゾーン金利を産んだ原因です。

利息は高い出資法に基づいた金額となり結果、多くのキャッシング利用者は、余計に利息を支払う事になりました。
利息制限法と出資法の差が生まれた事で、払いすぎが発生し、このお金を取り戻す手続きが過払い金請求です。

キャッシングでは、限度額ばかりに注目してしまいます。
しかし、利息と利息を決める割合は、返済時に大きく影響する事になりますので、理解を深めておくべきです。
返済時に困らないための小さな豆知識として覚えておいてください。